万が一転んだ際の受け身の取り方
突然何かに前輪が引っかかった場合やプレーキングが間に合わない場合等
緊急事態に遭遇したときに役立ちます
最初から板の間等で練習すると、どこの部分を打っているのかが把握しやすいです
上手になってくれば、どこにも痛みが無く音もしません
スケートボードやスノーボードなど
キックスケーターに乗っているとき以外でも広役立つことです
時間をかけて練習して、必ず身につけましょう
後から追いかけてくるスケーターにひかれないように
よけたり、捕まえたりするために
最後には滑ってきた方向を向いて起きあがるようにしましょう

 

1

姿勢を低くして
一気に飛び降ります
すでに右足右手は受け身の体勢に
入っています

2

右足を着くと同時に
右手を自分の方へ巻き込むように
地面に置きます

3

手のひら、肘、肩の順番で
地面に接していきます

4

背中全体で回っていきます
この時にあごを必ずひきましょう

5

回っている最中も
遠心力で体が開きそうになります
頭、腕、足を体から離さず
丸くなることが重要です

6

ここで無理に回転を止めないで
そのまま回っていきましょう

7

とにかく丸くなり続けることが
大切です

8

こちら側を向けば成功です
せっかくしっかり受け身を取っても
起きあがった瞬間に
後ろから走り来るキックスケーターに
ひかれたら
笑いはとれるけど、ケガしたら
シャレにならないでしょ
違う向きになってしまう場合は
間違えているので
ちゃんとチェックしてみましょう